国際エンゼル協会

Topics

バングラデシュからの報告 アイキャンプが行われました

2019年11月27日

11月2〜4日に、エンゼルホーム内の診療所で佐賀県の医療NPO法人「POSA」の医師の方々によってアイキャンプが行われ、96名の白内症患者が手術を受けました。

手術前の検診の時から、エンゼルホームの子ども達が患者さんの誘導などのお手伝をし、スムーズに手術を終えることができました。

健康保険制度が確立されていないバングラデシュでは、経済的に苦しい方々は白内障の手術ができないことが多く、放置しているとやがて視力が奪われてしまいます。

このようなアイキャンプは毎年行われており、これまで多くの白内障患者の方々が視力を取り戻し感謝されています。


POSA1.jpg


POSA2.jpg


POSA4.jpg


POSA3.jpg


バングラデシュのエンゼルホーム内診療所でアイキャンプが行われました

2019年11月05日

11月2〜4日にエンゼルホーム内の診療所で、佐賀県の医療NPO法人「POSA」の医師らによるてアイキャンプが行われ、3日間に96名の白内症患者が手術を受けました。

エンゼルほほーむ

秋のチャリティバザーにご協力ありがとうございました

2019年10月26日

秋のチャリティバザー 2019. 10. 23(水) 

令和という新しい時代の幕開けと共に、ボランティア一同気持ちも新たに秋のチャリティバザーの準備に取り掛かってまいりました。そして迎えた10月23日(水)、爽やかな青空のもと多くのお客様、ボランティアの方々が来て下さり、楽しく過ごすことができました。

バザー開催にあたり、物品を寄付して下さった方々、準備にあたって下さったボランティアの皆様、心より感謝申し上げます。


DSC02500.jpg
     開場前から並ばれるたくさんのお客様
 

73097187_2588207708081968_4712024099503734784_n.jpg
        お客様で賑わう屋外の売場
 
  
DSC02535.jpg
各地から届けられた新鮮な果物や野菜がいっぱいの当日売場


DSC02635.jpg
      良い品満載の台所用品売り場

 
DSC02550.jpg
ジュースやサラダ油など様々な商品が並ぶ食料品売り場


DSC02562.jpg
     七五三などの子ども用の着物が人気


DSC02465.jpg
 かわいいぬいぐるみなど所狭しと並ぶおもちゃ売り場


DSC02519.jpg
    いろんなデザイン・サイズが並ぶ靴売り場


DSC02628.jpg
       おいしい!と評判の模擬店

 
DSC02517.jpg
   さまざまな種類のスイーツが並ぶケーキコーナー

 
%BD%A9%A4%CE%A5%D0%A5%B6%A1%BC%BD%AA%CE%BB.jpg
    バザー終了後はあっという間に片づけ終了


 

次回バザーは2020年4月8日(水)です。

本協会では毎年春と秋にボランティアセンターでこのようなバザーを開催しています。
売上金はバングラデシュなど発展途上国の教育支援・女性自立支援などに役立てさせていただきます。
バザー用品はいつでも受け付けております。皆様のご協力よろしくお願いいたします。


バングラデシュからの報告 - DCEF奨学金支給プログラム -

2019年09月30日

首都ダッカから東南へ約50km離れたコミラにあるデュラルプール中学校で9月28日、本協会の奨学金支援を受けている35名の学生が集い、奨学金支給プログラムが行われました。

生徒達は奨学金を受け取り、国際エンゼル協会の会員の皆様に感謝の言葉を述べていました。また、マスター・モフィズル・イスラム校長は、「長年に渡る生徒達への親切な支援に心からお礼申し上げます。日本の会員の皆様一人ひとりに感謝の気持ちをお伝えしたいです」と言われました。



Dulalpur%20High%20School%20-%20Comilla%BE%AE.jpg
デュラルプール中学校で行われた奨学金支給プログラム

バングラデシュ・ファミリーツアー(8月)を開催しました

2019年08月13日

毎年8月に開催しているファミリーツアー、今回は小学生から高校生、大学生、社会人の方まで幅広い年齢層の方が参加しました。

エンゼルホームの子ども達との運動会やDCEF奨学生との意見交換会、HIROSHIMA DAY(原爆と平和を考える弁論大会),カパシアの農村訪問など盛りだくさんの内容のツアーでした。
参加者の皆さんはとても充実した時間を過ごすことができました。


<ファミリーツアーの様子 8/3〜8/10>

DSC09764.jpg
        エンゼルホームに到着
 

DSC00053.jpg
   YURIKOエンゼルスクール授業で日本の紹介


DSC09956.jpg
    YURIKOエンゼルスクールで記念植樹


DSC00399.jpg
 エンゼルホームの子ども達と喜ぶ運動会の表彰式
  
 
DSC00601.jpg
HIROSHIMA DAYの弁論大会でスピーチをする小学生


DSC00510.jpg
    マーケットの帰りに乗ったリキシャ
 
DSC00885.jpg
自分達で募金などにより寄付したトイレのある学校を訪問


DSC01065.jpg
   カパシア村で行われている識字教室を見学


DSC01129.jpg
     DCEFの奨学生達と意見交換会


DSC01179.jpg
  ノクシカタ刺しゅうを刺している女性達の家を訪問


DSC01293.jpg
  エンゼルホームの子ども達と一緒に折り紙遊び


DSC01417.jpg
     ルービーックキューブ早合わせ競争


DSC01491.jpg
     お別れ会で披露した歌とダンス


DSC01524.jpg
楽しい6日間を過ごしたエンゼルホームの子ども達と共に

バングラデシュからの報告ー職業訓練所第72期生の研修が始まりましたー

2019年07月27日

職業訓練所第72期生の研修が7月1日から始まっています。彼女たちは9月までの3か月間、裁縫や刺しゅうなどを学びます。彼女たちがしっかりと技術を身につけ、卒業後には学んだことを活かして仕事に就けるように指導しています。

今期の研修生は33名で、そのうち既婚者は13名、未婚者は20名です。寮生活している人は9名で家から通う人は24名です。


TTC%20-%20Batch%20-%2072%20%28%20July%20-%20Sept.2019%20%29%BE%AE.jpg
       職業訓練所 第72期生

バングラデシュ・スタディツアー(6月)を開催しました

2019年07月01日

南国の果物が実り、緑が美しい6月のバングラデシュを訪れました。
参加者の皆さんはエンゼルホームの子ども達と交流して楽しい時間を過ごすことができました。

また、カパシアの農村で識字教室の卒業式に参列し、女性達が字を読み書きできるようになったことを喜んで発表している様子などを見て感動されていました。

日本でのボランティア活動による支援が、バングラデシュで大きな実を結んでいることを実感できた今回のスタディツアーでした。


スタディツアーの様子 <2019年6月22日〜28日>


P6235613.jpg
      職業訓練所の卒業式に出席

 
P6245750%BE%AE.jpg
    カパシア郡で行われた識字教室の卒業式

 
P6245806syou.jpg
     トイレを寄付した学校を訪問

 
P6245844%BE%AE.jpg
      DCEF奨学生の家を訪ねて

 
P6245830%BE%AE.jpg
  ノクシカタ刺しゅうを刺している女性達の村を訪問


P6255988%BE%AE.jpg
   YURIKOエンゼルスクールの授業に参加


P6256155%BE%AE.jpg
     リキシャに乗り喜ばれる参加者


IMG_2309%BE%AE.jpg
この時期おいしく実ったドラゴンフルーツ(左)とマンゴー


P6256174%BE%AE.jpg
   子ども達と一緒に飾り付けをした七夕の笹

エンゼルホーム卒業生からの手紙

2019年07月01日

「今年経営管理学部を卒業し博士号を取得することが出来ました」


私は2001年にエンゼルホームに来ました。そして2011年にSSC試験、2013年にHSC試験に合格し、2019年の今年には経営管理学科BBA(Bacherlor of Business Administration)を卒業、博士号を取得することができました。

私がここまで来れたのは、すべて国際エンゼル協会の皆様のご支援、そしてエンゼルホームでの生活のおかげです。子どもの頃みんなと過ごした素晴らしい日々は、決してわすれることはないでしょう。まるで大きな家族のようで、たくさんの兄弟姉妹に囲まれた幸せな日々でした。私達はお互いの時間や生活を共有し、協力し合うことの大切さを学びました。

楽しい生活の中で、規律を重んじ、そして自分を磨きあげていくことができました。まわりをきれいにし、環境を整え、そして周囲の人を大事にすることを教わりました。日本の皆さまがバングラデシュに来られた時には、日本のことや文化など、とても多くのことを教わりました。そしてまた、一緒に過ごした時間はとても楽しいものでした。

私は先生になりたいです。今先生になれるよう頑張って就職活動をしています。私の心の中にもいつも日本の皆様への感謝の気持ちが詰まっています。私に教育を受ける機会をくださり、そして私の人生を変えて下さった皆様へ、改めてお礼をお伝えします。ありがとうございました。

Shuvechcha%20-1%BE%AE2.jpg
シュベッチャ (経営学博士号取得/ 就職活動中)

「楽しいボランティアひろば2019」にご協力ありがとうございました

2019年06月10日

DSC08449%B4%DD.jpg
  第22回 楽しいボランティアひろば2019

 
爽やかな晴天に恵まれた6月9日(日)、毎年恒例の「楽しいボランティアひろば」が本協会ボランティアセンターで開催されました。

本協会の活動紹介の他、手芸作品の販売、模擬店、お楽しみ市、子どもコーナー、腹話術など様々な催しがあり、ご家族連れの方やご近所の方など多くの方々に楽しい一日を過ごしていただきくことができました。


DSC08423.JPG
 会員の皆さんが心を込めて作った手芸作品の展示販売

 
DSC08580.JPG
写真や生活用品を展示しバングラデシュの様子を紹介

 
DSC08574.JPG
 アジズル・バリ現地責任者によるプロジェクト報告


DSC08435.JPG
   バングラデシュのノクシカタ刺しゅう製品販売


DSC08670.JPG
       楽しい腹話術に大笑い!


DSC08526.JPG
  カレー・ルティ・サモサ・焼きそばなどの模擬店

 
DSC08516.JPG
 ルティを焼く現地スタッフのハミドゥル・イスラムさん


DSC08507.JPG
  子どもコーナーでは射的など様々な遊びに熱中

 
DSC08615.JPG
絵画や花瓶・海外の民芸品などがいっぱいの「お楽しみ市」

 
DSC08461.JPG
  サリーを着てリキシャの前で気分はバングラデシュ

 
DSC08531.JPG
       神秘的なタロット占いコーナー
  

DSC08588.JPG
 自分好みのアレンジで楽しむ多肉植物の寄せ植え


本協会の活動を皆様に知っていただく目的で始まったこのイベント、回を重ねるごとに多くの方々の参加があり、楽しい輪が拡がっています。今回も楽しい出会いと交流の場となりました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


★このたびの手芸品の売上や模擬店などの収益は、バングラデシュなど途上国の子ども達の教育支援のために役立てさせていただきます★

バングラデシュからの報告 - DCEF奨学金支給プログラム -

2019年05月05日

DCEF奨学金支給プログラム


2%BE%AE.jpg


1%BE%AE.jpg


3%BE%AE.jpg


4月29日(月)にDCEF奨学金プログラムがタンガイル県アベダカノム女子高校で行われ、257名の生徒が今年度の奨学金を受け取りました。

代表の学生がスピーチを行い、エンゼルの奨学金に対する感謝の気持ちを述べていました。また校長先生も同じく感謝の気持ちをスピーチされていました。

国際エンゼル協会 HOMEへ HOME お問合せ 個人情報の取扱い