国際エンゼル協会

Topics

秋のチャリティバザーにご協力ありがとうございました

2020年10月23日

秋のチャリティバザー 2020. 10. 21(水) 

爽やかな秋晴れのもと、秋のチャリティバザーに多くの方々のご来場ありがとうございました。今年は新型コロナウイルスの影響で春のチャリティバザーが中止となり、この秋のバザー開催が心配されましたが、感染症対策を徹底して無事開催することが出来ました。

当日は午前10時の開場の2時間前からお客様が並ばれ、混雑が予想されたので通常より15分早めてオープンさせていただきました。またオープン前に列に並ばれている方全員に手の消毒をしていただきゆっくり入場していただきました。

今回は模擬店は行わず飲食スペースも無かった為、売り場のスペースに余裕があり、ゆったりお買い物を楽しんでいただくことができました。

バザー開催にあたり、品物を寄付して下さった方々、準備にあたって下さったボランティアの皆様、心より感謝申し上げます。

 
DSC05161.JPG
     開場前に手を消毒して並ばれるお客様

 
DSC05254.JPG
   広いスペースでゆったり買物されるお客様
 
 
DSC05281.JPG
各地から届けられた新鮮な果物や野菜がいっぱいの当日売場

 
DSC05231.JPG
      良い品満載の台所用品売り場


DSC05312.JPG
     掘り出し物がいっぱいの雑貨売場 


DSC05145.JPG
      秋らしい色合いの着物が人気


DSC05196.JPG
 ぬいぐるみなど子どもさんに人気のおもちゃ売り場


 
DSC05193.JPG
   さまざまな種類のスイーツが並ぶケーキコーナー


DSC05244.JPG
     会員さんが丁寧に作った手芸品の数々

 

 

次回バザーは2021年4月7日(水)です。

本協会では毎年春と秋にボランティアセンターでこのようなバザーを開催しています。
売上金はバングラデシュなど発展途上国の教育支援・女性自立支援などに役立てさせていただきます。
バザー用品はいつでも受け付けております。皆様のご協力よろしくお願いいたします。


バングラデシュからの報告〜ヘルスケアセンター再開

2020年10月08日

エンゼルヘルスケアセンター(診療所)を再開しました

新型コロナウイルス蔓延により3月末頃より閉鎖していたエンゼルヘルスケアセンター(診療所)ですが、10月4日より再開しました。門での手洗いや診療所入口での手指消毒、人数制限といった感染症対策を取っています。この診療所が再開したことで少しでも地域医療の支えになればと思います。

診療所再開にあたり、「大阪1ゾンタクラブ」様よりマスク、フェイスシールド、防護服、非接触型体温計、消毒液、石けん等を寄付していただきました。ご協力ありがとうございました。


IMG_20201004_100442%BE%AE.jpg
      来院した患者の体温を測定

 
IMG_20201004_092511%BE%AE.jpg
         手指の消毒


IMG_20201004_100344%BE%AE.jpg
          診察の様子 


IMG_20201004_100110%BE%AE.jpg
「大阪1ゾンタクラブ」様からの寄付に感謝する医師とスタッフ

バングラデシュを紹介する訪問授業を行いました

2020年10月07日

大阪府吹田市にある公立高校へ毎年バングラデシュを紹介するための特別授業に行っており、今回も2つの高校にスタッフが行き訪問授業を行いました。

高校生で生活文化科目を選択している生徒達を対象に、外国の生活様式や着る物、食事などを調べて体験し、異文化を学ぶ目的で行われています。

授業ではバングラデシュを紹介するスライドやワークショップ、サリーの着付け体験などを行い、生徒達は初めて触れるバングラデシュの生活文化に興味を示し、熱心にノートを取っていました。

また、女子生徒2人がペアになりサリーを着せあい、きれいに着ることができた後は喜んで写真を撮り合っていました。

こうした機会からバングラデシュに興味を持ち、ボランティアや海外援助に関心を持ってもらえることを願っています。


DSC05124.JPG
   スライドによるバングラデシュの生活紹介


DSC_1871.JPG
    サリー着付けのデモンストレーション


DSC_1864.JPG
      サリーを着た感想を述べる生徒達


DSC05106.JPG
  バングラデシュの生活を考えるワークショップ

・・・・・・・・・・・生徒達の感想・・・・・・・・・・・

○今まであまり知らなかったバングラデシュの生活や文化を知ることが出来、また温かい心の人が多いということも聞き、ぜひいつか行ってみたいなと思いました。


○はじめサリーを着つけるのは難しかったです。バングラデシュの女性は6mもの長い布を巻き付けて一人で着ることができるなんてすごいと思いました。


○バングラデシュでは学校に行きたくても行けない子がたくさんいると聞き、今の私の生活にもっと感謝の気持ちを強く持とうと思いました。


○バングラデシュの人が毎日カレーを食べるのは知っていましたが、毎日具や味を変えて工夫して食べているというのは驚きました。


バングラデシュからの報告 〜ガジプール県で1番の成績

2020年09月05日

今年2月に行われたバングラデシュのSSC試験(中学卒業資格試験)で、YURIKOエンゼルスクールの卒業生アミル君がガジプール県で1番の成績を取りました。

新型コロナウイルスの影響で発表が遅れたり、学校も再開できず、また高校への進学もなかなか例年通りにいかないなど、バングラデシュでは暗い話が多い中、彼の頑張りは私達にとても明るい気持ちを届けてくれました。

YURIKOエンゼルスクールで社会性や協調性など、勉強だけでなく社会に出てからも大切なことをたくさん学んでいたアミル君、彼もきっと他の卒業生と同様に社会の役に立つ優秀な人材と育ってくれることと信じています。


Amir%20Hamza%BE%AE.jpg
    ガジプール県で1番の成績をとったアミル君

バングラデシュからの報告 〜YURIKO ANGEL SCHOOL

2020年08月18日

YURIKOエンゼルスクールの先生達がミーティングを行いました

IMG_20200813_090156%BE%AE.jpg


新型コロナウイルスでバングラデシュの学校では休校が続いています。9月には再開するとの話もありましたが、まだどうなるかわかっていません。そのような中でも来年2月にはSSC試験(中学卒業資格試験)が行われると言われています。

子ども達の勉強は待ってくれません。先生達はミーティングを行い、今後どのようにしていくか意見を交わしました。リモート環境が整っている家庭の方が少ないため毎週宿題を作成して親に渡して行ったり、テストも自宅で行うようにしていくことになりました。

10年生にはSSC試験対策も自宅課題にして行います。コロナのために職を失ったり給料が未払いの人が多い中、先生達は日本の皆様のおかげで生活の心配なく子ども達のためにどうすればいいか考える事ができています。先生方も日本の皆様の支援に心より感謝しています。


バングラデシュからの報告  犠牲祭

2020年08月01日

8月1日はバングラデシュの犠牲祭です。犠牲祭はイスラム教の宗教儀式で、本来は神にささげた生贄を貧しい人達に分け与え、残りを家族で食するものになります。

エンゼルホームでも牛を一頭生贄に捧げました。コロナ禍のために家に帰れない子ども達もみんなで楽しくお祭り気分を楽しみました。

 
%B5%ED%BE%AE.jpg


 
%A5%D0%A5%CA%A5%CA%BE%AE.jpg


 
%A5%B3%A5%B3%A5%CA%A5%C4%BE%AE.jpg


 
%A4%BF%A4%B3%BE%AE.jpg

バングラデシュからの報告 エンゼルホームの様子

2020年07月18日

エンゼルホームからのお便り

IMG_20200714_113725%BE%AEsyou%BE%AE.jpg
       自分の描いた絵を手に持つエンゼルホームの子ども達

皆さん、お元気ですか?エンゼルホームは新型コロナウイルス対策のため、外出規制が今も続いています。学校は休みですが、ホームの子ども達はいつも通り先生に勉強を教わっています。

子ども達は日本の皆さんがコロナウイルスで大変な思いをしているのではないかと心配しています。またたくさん雨が降っているとニュースで見ました。スタッフ達も日本の皆さんが無事でいるのかと心配しています。

世界中が大変なことになっていますが、一日も早くこの事態が終息することを願っています。

                 バングラデシュ現地責任者 アジズル・バリ

「楽しいボランティアひろば2020」にご協力ありがとうございました

2020年07月06日

第23回 楽しいボランティアひろば2020

 
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため6月7日より延期されていました「楽しいボランティアひろば」が7月5日(日)、本協会ボランティアセンターで開催されました。

手作り作品の展示販売やミニバザーなどを楽しみに多くのお客様が来場されました。三密にならないよう広くスペースを取ってゆったりとお買い物など楽しんでいただくことが出来ました。

 
106537724_2834964436739626_7233352137195795860_o.jpg
  9時の開門前に距離を開けて並ばれるお客様

 
DSC04245.JPG
 会員の皆さんが心を込めて作った手芸作品の展示販売

 
DSC04256.JPG
    写真や映像でバングラデシュの様子を紹介

 
DSC04236.JPG
   バングラデシュのノクシカタ刺しゅう製品販売


106401471_2834964443406292_1916740884668173717_o.jpg
   ミニバザーでお買い物を楽しまれるお客様


DSC04265.JPG
    小さな子ども達に人気のおもちゃ売り場


DSC04258.JPG
    七夕の短冊にそれぞれの願いを込めて


DSC04284.JPG
      毎回人気のタロット占いコーナー
  


本協会の活動を皆様に知っていただく目的で始まったこのイベント、回を重ねるごとに多くの方々の参加があり、楽しい輪が拡がっています。今回も楽しい出会いと交流の場となりました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


★このたびの手芸品の売上や模擬店などの収益は、バングラデシュなど途上国の子ども達の教育支援のために役立てさせていただきます★

スリランカからのお便り〜ニャーナーランカーラ氏より

2020年06月22日

国際エンゼル協会の皆様、こんにちは。お元気ですか?スリランカでは新型コロナウイルスの影響は大分収まってきました。スリランカではコロナウイルスで亡くなった方は11人と南アジアの国の中では上手にコントロールできていると思います。

今も学校は休みになっていますが、7月から徐々に始まる予定です。その他様々な行事も8月から始まると思われます。しかしまだまだ安心はできません。スリランカに比べて日本は人が多いので、皆様も賑やかなところを避け充分に注意してください。

チャリティバザーやノクシカタ販売、その他の行事もできていないと聞きとても残念に思っています。今は健康に注意して頑張ってください。

皆様からいただいた奨学金により子ども達は文具やカバンなどを受け取りとても喜んでいました。本当にありがとうございました。今は開けていませんが日曜学校の様子も送ります。

これから蒸し暑くなると思いますが熱中症などにもお気を付けてください。私もコロナウイルスの影響が落ち着いたらまた日本に帰ります。皆様にお会いできる日を楽しみに待っています。

           スリジナラタナ社会福祉協会代表 ニャーナーランカーラ


B%20%BB%D2%B6%A1%BB%D9%B1%E7%BE%AE.jpg
 奨学金によりカバンなどの学用品を受け取る生徒達


Daham.PNG
      スリランカの日曜学校の様子


バングラデシュからの報告 −エンゼルホームの様子ー

2020年05月27日

バングラデシュではコロナウイルス感染者が5月22日の政府の発表では3万人を超え、人口過密国であることから感染拡大が懸念されています。

そのような中、エンゼルホームの子ども達は敷地の外に出ることが出来ず、敷地内で掃除をして食事作りを手伝ったり、時間を決めて勉強しています。また図書館で本を読んだりグランドに出てみんなで体を動かして遊んでいます。散髪屋にも行けず自分たちでお互いの髪を切り合って、短くすっきりした頭になりました。

5月25日からイスラム教の断食明けの休日が始まりました。いつもなら子ども達は田舎の家に帰っているのですが、今回は家に帰らず家族と電話でお互いの様子を確認しあっていました。

エンゼルホームの子ども達は皆元気にしており「日本の皆さんからの支援に心から感謝しています。皆さんもお体に気をつけて下さい」とメッセージを届けてくれました。


1.jpg
   とても元気なエンゼルホームの子ども達


5.jpg
         図書室で読書


8.jpg
     グランドに集まって遊ぶ子ども達


10.jpg
        皆で協力して食事作り


国際エンゼル協会 HOMEへ HOME お問合せ 個人情報の取扱い